【スピーチコラム】えー、あのー、は音声ノイズ?

このコラムではスピーチを控えた皆様や
人前で話す皆様向けの記事を掲載しています。

――――――――――――

今回のテーマは「えー、あのー」について。


スピーチ講座トークレスキューでは
人前で話す際の言葉以外の要素
非言語情報についてもお教えしています。

その中で動作ノイズ・音声ノイズの話もします。

動作ノイズは、話し手の不要な動き
頭をかく、ばたつく、などの要素です。

ビジネスリーダー向けのメディアトレーニングでは
話す際のまばたきの回数すらも指導対象となります。

――――――――――

それに対し、音声ノイズの代表例は
えー、あのー、」などのつなぎ言葉

これらは口癖になりやすく、話の本筋とは無関係とされ、
アナウンサーにとって要注意項目とされます。

――――――――――

私がアナウンサーになりたてのころ、

「えー、あのー、と言いそうになったら
 言葉を飲み込むこと」

などと教わりました。

「えー、あのー」のカットで本題のみを
よりクリアに伝えることができるからです。

――――――――――

ただ、この講座での私の見解はまた別。

「えー、あのー」は少なめならばOK、

「えー、あのー、をゼロにしようと深く考えない」

というものです。

この見解には複数の理由があります。
主な理由は下記の通り。

「えー、あのー」は長年の口癖のことが多く
  急に止めると話す際のバランスを崩すことが多い。

「えー、あのー」は実は呼吸と身体リズムと関与。
  リズム乱れのほうが、「えー、あのー」より問題。

「えー、あのー」は、実は心優しい方の配慮。
 話す際の数秒の空白の間(ま)を、「何かしらの

 言葉で補おう」という周囲への配慮のことが多い。

などなど。

なので、「えー、あのー」はできれば少なめ。

話の中で出てしまっても気にしないで大丈夫、
というのが私の見解です。

ーーーーーーーーーーーーーーー

プロを目指すならば、「えー、あのー」は
完全にカットすることが望ましいのですが、
一般の方がスピーチスキル向上を目的とする場合は、
多少の「えー、あのー」は「ご愛嬌」とお考え下さい。

実は講師の私・高木も実は「えー、あのー」が
言葉の節々に出てしまいます。

けれど「もし多く出たら注意。それよりバランス。」
「次から意識して減らす」などと考えています。

―――――――

スピーチ時の動作ノイズ、音声ノイズは、
実は身体のリズムとバランスをとる要素でもあります。

皆様にとってのバランスを重視して
ベストパフォーマンスを意識してくださいね。

皆様のご参考になれば幸いです。
(講師:高木圭二郎)


■ スピーチ講座トークレスキューの
 お問合せ・お申し込みはこちら  ↓

お問合せフォームが開きます。


■ オンラインレッスン 詳細はこちら ↓

スピーチ講座トークレスキュー オンラインレッスン
https://peraichi.com/landing_pages/view/talkrescueonline


■ 水戸会場プライベートレッスン 詳細はこちら ↓

スピーチ講座トークレスキュー 水戸会場 プライベートレッスン 
https://peraichi.com/landing_pages/view/talkrescueprvt


■ ストアカ掲載情報はこちら ↓

信頼される実況アナの話し方◆Zoom 完全1対1 体験版50分+α