【スピーチコラム】「先ほども申しましたが」はカットOK

講師の高木です。
このコラムではスピーチを控えた皆様や
人前で話す皆様向けの記事を掲載しています。

――――――――――――

今回のテーマは
「先程も申しましたが」という言い回し。

質疑応答などでつい口に出るのが
「先程も申しましたが」という言葉。

これは多くの皆様が使う言い回しで、
私自身も時々使いますが、実はこの
「先程も申しましたが」は不要なケースが大半です。
なぜかというと
「話し言葉の繰り返しはOK」だからです。

――――――――――――――

私・高木は高校野球実況を長年担当しました。

その際に多くの方から言われたのは、
「言葉につまったらスコアを繰り返せ」
「現在の得点は何度も繰り返してよい」

という教えでした。

ラジオのスポーツ実況ではこまめに得点を伝えます。
プロ野球実況の現場では、ピッチャーが3球投げたら
1回は得点を伝える、という決めごともあるほど。

高校野球では試合展開がスピーディーなため、
得点コメントが打者1人で1回程度となる場合もありますが、
それでも1試合中に何度も何度も得点を伝えているのです。

――――――――――――――

ここでのポイントは、

「重要メッセージは繰り返してもしつこくない」
「繰り返して話す自分の感覚と、聞き手の感覚は大きく違う」
「むしろ何度も何度も繰り返すべきメッセージがある」

ということです。

重要メッセージを繰り返す度ごとに
先程も申しましたが」と言っていたら
むしろ相手はじれったく感じるはず。

さらに「先程も申しましたが」という言葉は
相手の『聞きもらし』を暗に指摘
というマイナス要素をも生じさせます。

ということで、本日のまとめです。
「先程も申しましたが」はとても丁寧な言い回し。
けれど、カットしても大丈夫です。

質疑応答などでは、要点をシンプルに伝えることが大事。
話す内容のスリム化もぜひ意識してくださいね。

皆様のご参考になれば幸いです。
(講師:高木圭二郎)


■ スピーチ講座トークレスキューの
 お問合せ・お申し込みはこちら  ↓

お問合せフォームが開きます。


■ オンラインレッスン 詳細はこちら ↓

スピーチ講座トークレスキュー オンラインレッスン
https://peraichi.com/landing_pages/view/talkrescueonline


■ 水戸会場プライベートレッスン 詳細はこちら ↓

スピーチ講座トークレスキュー 水戸会場 プライベートレッスン 
https://peraichi.com/landing_pages/view/talkrescueprvt


■ ストアカ掲載情報はこちら ↓

信頼される実況アナの話し方◆Zoom 完全1対1 体験版50分+α