【スピーチコラム】スピーチの「アウェー戦」対策

このコラムではスピーチを控えた皆様や
人前で話す皆様向けの記事を掲載しています。

――――――――――――

今回のテーマは、「スピーチのアウェー戦対策」。

サッカーの試合などでは「ホーム&アウェー」の
試合形式がとられることが多くあります。

ホーム=「地元」、アウェー=「相手方の地元」という位置づけですが
スピーチの現場でもホームとアウェーがあると思います。

ここでは「普段通りの話が出来ずスピーチがしづらい状況」を
スピーチの「アウェー戦」と位置付けて説明しましょう。

――――――――――――
スピーチのアウェー戦の一例です。

・聞き手が大人数かつ、批判的な姿勢。
・忙しそうな雰囲気。
・客席に笑顔が見られない
・ジョークが一切許されないムード。
・明らかに苛立っている。… など。

人前で話す立場の皆様もこのようなことは
ご経験があるのではないでしょうか?

――――――――――――

「スピーチのアウェー戦」対策は
複数の対策の組み合わせが必要です。

ここではポイントを2点お伝えします。

ポイント①「相手に寄り添うこと」

ポイント②「コントロール可能なことに集中」

寄り添ったうえで、その場で出来ることに
ご自身のリソースを投じることが
スピーチ成功のカギとなります。

――――――――――――

「スピーチのアウェー戦」と感じた際
聞き手側には下記のような背景があるかもしれません。

・忙しい…実は10分前まで業務に追われていた…
・上司の命令や職場等の決め事でやむなく着席…
・聞きたくない話を延々と聞かされてきた… 
・話が自分と無関係…
・難解な話で理解できない…
・発言機会がなくストレスフルな状態…
・座席が狭く、足も自由にのばせない…
・寒さや暑さ、空調の悪さがある…

「スピーチのアウェー戦」の要素は他にもありそうですが、
複数のストレス要因が重なっていることが多いのです。

ゆえに背景の事情を察知して寄り添うことが大事なのです。

――――――――――――

そして「コントロール可能なこと」を意識します。

例えば「聞き手の感情」「集団の雰囲気」などは
コントロールが困難です。

では何がコントロールできるか?
例えば「ご自身の発言内容」はコントロールが可能です
「相手を知る」というアクションも事前にコントロールできます。

「スピーチのアウェー戦」対策は
下記のようなポイントに集約されます。

――――――――――――

・聞き手のリサーチ
 =聞き手は誰か?何を知りたがっているか?

・相手が欲しい情報「のみ」の伝達
 =困り事対策、課題解決のヒント等

・結論ファースト。手短にまとめる。
 目安3-5分=文字数1200-2000字

・不要な「マウンティング」はしない
 =マウンティング:精神的優位を図る自慢話等

・不要に媚びない
 =媚びる人は見下されやすい。

・身体的配慮
 「一度立って伸びましょうか?」

・空間的配慮
 「暑さ寒さ、大丈夫ですか?」

・ゴール(終点)の提示
 「5分ほどお付き合いください」
 (=5分後にはこの説明が終わります。)

・発言させる
 「ご質問あれば伺います」 …など。

――――――――――――

こじれた関係の方々への説明はまた別ですが、
「スピーチのアウェー戦」と感じた場合も
コントロールできることは意外と多いのです。

こうした対処法を知ることで安心材料となり、
アウェーの状況下でも「一目置かれる存在」へと
転じることも十分可能なのです。

――――――――――――

ポイントのおさらいです。

「相手に寄り添うこと」
「コントロール可能なことに集中」

この2点をぜひ意識してくださいね。

皆様のご参考になれば幸いです。
(講師:高木圭二郎)


■ スピーチ講座トークレスキューの
 お問合せ・お申し込みはこちら  ↓

お問合せフォームが開きます。


■ オンラインレッスン 詳細はこちら ↓

スピーチ講座トークレスキュー オンラインレッスン
https://peraichi.com/landing_pages/view/talkrescueonline


■ 水戸会場プライベートレッスン 詳細はこちら ↓

スピーチ講座トークレスキュー 水戸会場 プライベートレッスン 
https://peraichi.com/landing_pages/view/talkrescueprvt


■ ストアカ掲載情報はこちら ↓

信頼される実況アナの話し方◆Zoom 完全1対1 体験版50分+α