【フリートーク】スピーチとスポーツ HIITトレーニングの話

この欄では講師の高木がフリートーク的に
世の中の出来事やエピソードなどを紹介します。
講師自身の体験談や思いも重ねます。

スピーチ講座や研修講師業務と別の話ですが、
講師の人となりが皆様に伝われば幸いです。

――――――――――――――

今回は「運動と声」の関係の話です。

(写真はイメージ画像です)

私・高木はスポーツ選手との接点が多くありました。
ラジオ局在籍時は高校野球などのスポーツ実況や
選手・監督らへの取材を長年続けました。

私自身も身体を動かすのが大好きで、
剣道、サッカー、水泳、マラソン、
ライフセービングなど幅広く経験しました。

タイムはものすごく平凡ですが、実は
フルマラソンは11回完走しています。

そんな私が実感するのは、

「スピーチはスポーツの要素と重なる」

ということです。

――――――――――――――

以下の文章は、私の個人的感覚で記したものですが
皆様もうなづくところがあるのではないでしょうか?

・元スポーツ選手はスピーチや
 人前の話も得意な人が多い

・スポーツ経験が少なくとも、
 運動後はいつもより声がよく出る。

・放送現場や舞台に立つプロは
 身体を入念に動かさないと良い声が出ない

いかがでしょうか?…
スポーツの要素はスピーチの要素と重なるのです。

こうした経験則を踏まえて、私は
ボイストレーニング時に、ストレッチなど
ボディワークを精力的に取り入れています。

――――――――――――――

さてここからが表題の話。

スポーツ好きの私が最近ハマりつつあるのが、
「ヒートトレーニング」です。

ヒートトレーニングの「ヒート」は
「HIIT」と書きます。

これは「高強度インターバルトレーニング」の頭文字
(High-intensity interval training)をとったもの。
ヒットトレーニングとの呼び方もあります。

このトレーニングメニューの一例です。

30秒 スクワット、ジャンプ、腹筋等
30秒 レスト 

→ 再開 計4セット 3-4種目

シンプルながらかなりハードなトレーニングで
終わった後は大の大人がしゃがみ込むほど。
心拍数も一気に上昇します。

――――――――――――――

アナウンサ―視点で、この
ヒートトレーニングの考察をしてみました。

活性化が期待できる部位は

・発声に関与する呼吸器系の筋肉
・発声時に連動して使う胸・背中・手足の筋肉
・話す際のメンタルに関与する神経伝達物質
・表情筋などよく見られる部分の筋肉
・全身の血流         など

私の場合、ヒートトレーニングで、
スピーチに関与する要素が一気に
高められるのを体感できるのです。

――――――――――――――

要するに、ややきつい運動をすると

・声がしっかり出る、
・筋肉や血流のバランスが整う
・表情やメンタルまで好循環が期待できる。

ということを、経験則から申し上げたいのです。

皆様もなんとなくわかりますよね。

「スピーチ」のお困り事は、実は
「スポーツ」が改善のヒントかもしれませんよ。

なお運動の適正レベルには個人差があります。

激しい運動にチャレンジするときは
専門家の指導や助言のもと、
コンディションを最優先して行ってください。

皆様のご参考になれば幸いです。

(講師:高木圭二郎)


■ スピーチ講座トークレスキューの
 お問合せ・お申し込みはこちら  ↓

お問合せフォームが開きます。


■ オンラインレッスン 詳細はこちら ↓

スピーチ講座トークレスキュー オンラインレッスン
https://peraichi.com/landing_pages/view/talkrescueonline


■ 水戸会場プライベートレッスン 詳細はこちら ↓

スピーチ講座トークレスキュー 水戸会場 プライベートレッスン 
https://peraichi.com/landing_pages/view/talkrescueprvt


■ ストアカ掲載情報はこちら ↓

信頼される実況アナの話し方◆Zoom 完全1対1 体験版50分+α