【スピーチコラム】司会用台本 使ってはいけないの?

スピーチ講座トークレスキューの高木です。
このコラムではスピーチを控えた皆様や
人前で話す皆様向けの記事を掲載しています。

―――――――――――――

今回のテーマは「司会用台本」の是非について。

私の講座を受講される方の中に、

「大人数の前での司会を頼まれた」

「進行表一枚で話すように言われた」

という方が時々います。

プロの司会養成講座などでは

「司会は台本を使ってはいけない」

「進行表ひとつで現場で話せないと
 司会者としては力量不足」

という風潮があります。

果たしてその考えは正しいのでしょうか?

―――――――――――――

司会養成の流派は多種多様ですが、
私の指導内容は

「 司会は台本をフル活用しましょう!」

というものです。

―――――――――――――

司会進行で一字一句、台本を読むことは
メリットとデメリットがあります。

司会台本を使うデメリットは

・棒読みになりやすい。
・目線が下になり、声も弱くなる。
・周囲の印象が低下する

などのことがあげられます。

ですが、こうした要素は中上級者や
プロ司会者向けのスキルの要素。

多くの皆様に対して私は

「ぜひ台本を活用しましょう」

とお教えしています。

司会用台本を活用することは
メリットの方が大きいからです。

例えばこんなメリットが生じます。

・言い間違い、頭真っ白の防止

・安心材料の確保

・急なハプニングへの対応
 (=台本書き込み、文字修正等)

・進行面の全体像の把握

・関係者との情報共有

いかがでしょうか?

もし司会一人の頭の中で話す内容が完結して
情報がクローズの状態だったら、
スタッフとのタイミング合わせもできません。

司会の「頭真っ白」が生じたときに
横で耳打ちする人もいなくて、
全てが止まってしまうリスクもあるのです。

―――――――――――――

私はラジオ局に在籍していた時、
アナウンサー兼ディレクターとして活動しました。

ディレクターの仕事の方が多かったので
公開放送や番組の台本も無数に作成しました。

そうした制作経験から言えることがあります。

司会の皆様に求められる要素は、発音発声の
アナウンス力や華やかさなどはもちろんですが、
「制作力」や「演出力」が求められることも
実は多いのです。

「場を仕切る力」にも通じる要素です。

司会進行時、台本に書かれていないコメントや
場つなぎのコメントのニーズは多々生じます。

そうしたアドリブの要素は、実は
しっかりした台本の読み込みの上で
生まれてくるものです。

まず文字情報の要素が整うと、
発する言葉も自然と整うことが多いのです。

なので司会力向上に関する私の見解は

「台本をフル活用しましょう」

「台本は何度も声を出して読みましょう」

というもの。

進行表一つでパパっと話せるようになるのは
その先のステップと考えます。

可能であれば、司会の皆様にもぜひ台本作成の
チャレンジをされることをおすすめしています。
さらなるスキルアップにつながりますよ。

皆様のヒントになれば幸いです。
(講師:高木圭二郎)


■ スピーチ講座トークレスキューの
 お問合せ・お申し込みはこちら  ↓

お問合せフォームが開きます。


■ オンラインレッスン 詳細はこちら ↓

スピーチ講座トークレスキュー オンラインレッスン
https://peraichi.com/landing_pages/view/talkrescueonline


■ 水戸会場プライベートレッスン 詳細はこちら ↓

スピーチ講座トークレスキュー 水戸会場 プライベートレッスン 
https://peraichi.com/landing_pages/view/talkrescueprvt


■ ストアカ掲載情報はこちら ↓

信頼される実況アナの話し方◆Zoom 完全1対1 体験版50分+α