【スピーチコラム】人前でしっかり話すコツ 「しっかりストレッチ」のすすめ

スピーチ講座トークレスキューの高木です。
このコラムではスピーチを控えた皆様や
人前で話す皆様向けの記事を掲載しています。

―――――――――――――

今日のテーマは「話すためのストレッチ」です。

「明日は人前で話す…考えただけで緊張する」…という皆さん、
声を出すためのストレッチをしていますか?

人前で話す前に「ストレッチ」を「しっかり」行うことで、
本番前の緊張度の軽減が期待できて安心材料が増えます。

ストレッチは「しっかり」というのがポイントです。


私はラジオのアナウンサーとして18年以上にわたり
放送の現場にいましたが、しっかりとストレッチができたかどうかで、
その日のアナウンスの出来が大きく左右されました。

ニュース担当の日は特に念入りにストレッチ。

スーツ姿でも、ネクタイをしていても、ストレッチ。
時間が取れない時も、本番前の数分だけでも必ずストレッチ。

実際、こんな感じでした。

スーツ姿でこんな動作もしていました。

ところかまわずストレッチばかりして、周囲からは

「ちょっと変… 」
「ちょっとどころか、かなり変…」

と思われていたかもしれません。

でも声をしっかり出すにはストレッチは絶対必要なのです。


なぜスピーチやプレゼンの前にストレッチをすることをおすすめするか、
皆さん、お気づきでしょうか?

声を出すことは「全身運動」だからです。

「声を出すこと=発声のメカニズム」を身体的観点から考えると
「吐く息を音に変えて、全身で共鳴させる活動」といえます。

この「発声のメカニズム」は「ちょっとした挨拶」でも、
声を張り上げるような「本格的なスピーチ」でも同じです。

どちらも「吐く息」が音に変わって、全身で「共鳴」しているのです。

発声の際に大きく作用する身体の部位は、
口まわり、のど、胸部、腹部、の器官や筋肉です。

ここは吐いた息(呼気)の通り道やその近くの部位ですよね。

しかし発声に影響するのは口周りや胸部だけではありません。

実は、背中、下腹部、さらには手足までもが
皆様の声に間接的な影響を与えているのです。

皆さんもスポーツをした後、
「気づいたら声が少し大きくなっていた」

というご経験はないでしょうか?

全身運動をした後は、無理なく強い呼気を出せる状態になり、
出した声をうまく響かせる姿勢になることが多いのです。

なので、

「声を出すことは、スポーツと同じ全身運動」
「全身運動をするのだから、しっかりストレッチ」

とお考え下さい。

ストレッチは緊張緩和にも効果があります。

身体運動である入念なストレッチは、
緊張と関与する脳や自律神経の働きを安定化させ、
呼吸や血流を整える効果が期待できます。

その結果、心を鎮めるなどメンタル面での好影響に
つながることも多いのです。

大事なスピーチ、プレゼン、発表などに臨む皆さん、
ぜひ「本番前のしっかりストレッチ」を取り入れてくださいね。

トークレスキューでは志ある皆様を心から応援します。
次回のコラムもどうぞお楽しみに!(講師・高木)


■ スピーチ講座トークレスキューの
 お問合せ・お申し込みはこちら  ↓

お問合せフォームが開きます。


■ オンラインレッスン 詳細はこちら ↓

スピーチ講座トークレスキュー オンラインレッスン
https://peraichi.com/landing_pages/view/talkrescueonline


■ 水戸会場プライベートレッスン 詳細はこちら ↓

スピーチ講座トークレスキュー 水戸会場 プライベートレッスン 
https://peraichi.com/landing_pages/view/talkrescueprvt


■ ストアカ掲載情報はこちら ↓

信頼される実況アナの話し方◆Zoom 完全1対1 体験版50分+α