【スピーチコラム】吃音(きつおん)に関するヒント 長母音トレーニング

スピーチ講座トークレスキューの高木です。
このコラムではスピーチを控えた皆様や
人前で話す皆様向けの記事を掲載しています。

―――――――――――――

今回のテーマは
「吃音(きつおん)に関するヒント」です。

「トークレスキュー」という講座名ゆえか
吃音(きつおん)のご相談を受けたことがあります。

吃音は言葉がつまったり、同じ音が続いたりする症状。

幼少期で10-20人に1人、大人で100人に1人の割合で
この症状が出る、とのデータもあります。

2020年2月12日の日本経済新聞朝刊に
吃音関連の記事が掲載されていました。

「言葉がつまる・同じ音繰り返す… 吃音、幼児期の診療指針
 国立障害者リハビリセンター 5歳ごろまでに判断、共有を」
 2020/2/12付 日本経済新聞 朝刊
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO55500940R10C20A2CR8000/

詳細はリンク先をご覧いただければ、と思いますが、
私が印象に残った点を部分的に引用します。

・吃音の原因は親の育て方ではないこと

・つっかえるかどうかでなく、
 話の内容に耳を傾けること

この他にも詳しい情報が掲載されていました。

―――――――――――――

さて私・高木は医師や言語聴覚士ではありません。

この吃音のご相談に対しアナウンサーの視点で、
いくつかご助言を申し上げました。

吃音の対処法でお伝えしたのがこちら。

「長母音トレーニング」の手法です。

長母音(ちょうぼいん)の手法は
母音(あいうえお、の音)をわざとのばす手法です。

ある医療関係者から聞いたテクニックで
私は間接的に紹介した形になります。

具体的にはこんな感じです。

「私は」というところで吃音の症状が出て
「わ、わ、わ、わたしは」となる場合

「わーたーしーはー」

とあえて長く音を延ばすのです。

音が短く途切れるところを意図的に延ばすので
ゆとりや発音発声のリズム、言葉の明瞭さなどに
つながる効果が期待できるようです

吃音の症状は個人差があります。
心理的要素も関与すると言われています。

この手法が万能、というわけではありません。
個人差やコンディション等にも影響されます。

ただ、対策のオプション(選択肢)を
一つでも増やすことは、緊急時の
心のお守りとなるのでは、と思われます。

繰り返しになりますが、

吃音は育て方のせいではない、とされます。

ご自身を大事に。ご家族を大事に。

症状でお困りの皆様に私からお願いです。

皆様のご参考になれば幸いです。
(講師:高木圭二郎)


■ スピーチ講座トークレスキューの
 お問合せ・お申し込みはこちら  ↓

お問合せフォームが開きます。


■ オンラインレッスン 詳細はこちら ↓

スピーチ講座トークレスキュー オンラインレッスン
https://peraichi.com/landing_pages/view/talkrescueonline


■ 水戸会場プライベートレッスン 詳細はこちら ↓

スピーチ講座トークレスキュー 水戸会場 プライベートレッスン 
https://peraichi.com/landing_pages/view/talkrescueprvt


■ ストアカ掲載情報はこちら ↓

信頼される実況アナの話し方◆Zoom 完全1対1 体験版50分+α