【スピーチコラム】フリートークは○○○にしないこと

スピーチ講座トークレスキューの高木です。
このコラムではスピーチを控えた皆様や
人前で話す皆様向けの記事を掲載しています。

―――――――――――――

今日のテーマは「フリートーク」のコツ。

「人前で話す機会をもらったけれど、
 話があちこちに飛んで、まとまらない」

などのお困り事、実は多いのです。

「フリートークだから、気ままに話してよい」
と、お思いではないでしょうか?

飲み会の発散目的のフリートークでしたら
それはそれで意義があります。

あるいは有名芸能人やミュージシャンらが
深夜のラジオ番組などで自由に話す、
というのならば、それも価値があります。

ですが多くの皆様の「フリートーク」は
こう考えていただくと答が見えてきます。
それは…

「 フリートークはフリーにしない 」

「 あらかじめ話す内容を絞っておく 」

「 話がまとまらない時は、メモと時計を使う 」


実はこれがフリートークのコツです。

―――――――――――――

「それって、フリートークではない」

とお思いでしょうが、この手法が皆様の
フリートークのスキルを向上させます。

この理由はすごくシンプル。

話す内容を用意しながら、
「口調や言い回し」を「フリー」にする方が、
「安心材料」になるからです。

そしてこのことも気に留めてください。

「フリートーク」の「フリー」という言葉は、
聞き手のことを見失わせやすいのです。

―――――――――――――

過去、私自身がこの「フリー」という言葉を
幾度となく勘違いしてきました。

ラジオ局のアナウンサー時代に私は約2時間の
情報ワイド番組を担当したことがあります。

「フリートークで5分」
という機会も幾度となくいただいたのですが、
このフリートークがいつも中途半端。

芸能ネタやスポーツ選手の話題を取り上げても
中身が薄くまとまりのないトークになったのです。

私自身「フリー」という言葉を
大きく見誤っていたのです。

一方で、スポーツ実況やニュース読みの
仕事には手応えを感じていました。

後から気付いたのですが、

「何を伝えるか、誰に伝えるか」が、

実況や報道の仕事は明確だったのです。

―――――――――――――

皆さんが人前やマイクの前で
話す時はいかがでしょうか?

「フリートーク」の内容で困ったら、
ぜひ以下の事を再確認してください。

・皆さんの話の聞き手は誰でしょうか?

・その人が知りたい事は何でしょうか?

・その人の困り事や解決策は何でしょうか?

・その人に思い出してほしいエピソードや
 ふさわしいメッセージは何でしょうか?

・その人に話せる持ち時間は何分間でしょうか?

この視点で考えると、フリートーク枠であっても
内容を絞り込むことができますよね。

―――――――――――――

まとめです。

フリートークはフリーにしない。

このことを意識すると、
皆様の話がキュッと引き締まりますよ。

皆様のヒントになれば幸いです。

(講師:高木圭二郎)


■ スピーチ講座トークレスキューの
 お問合せ・お申し込みはこちら  ↓

お問合せフォームが開きます。


■ オンラインレッスン 詳細はこちら ↓

スピーチ講座トークレスキュー オンラインレッスン
https://peraichi.com/landing_pages/view/talkrescueonline


■ 水戸会場プライベートレッスン 詳細はこちら ↓

スピーチ講座トークレスキュー 水戸会場 プライベートレッスン 
https://peraichi.com/landing_pages/view/talkrescueprvt


■ ストアカ掲載情報はこちら ↓

信頼される実況アナの話し方◆Zoom 完全1対1 体験版50分+α